医学用語辞典 〜膠原病・リウマチ用語辞典〜

>>膠原病・リウマチ用語辞典トップ    >>運営者情報

原発性・続発性 免疫不全症候群

原発性免疫不全症候群

原発性免疫不全症候群は、抗体の作用が低下して、免疫反応がうまく機能しなくなる免疫不全症候群のひとつで、先天性のものである。

原因
Cause
原因は、遺伝等で、先天的に免疫機能に欠陥のある場合が多い。
症状
Symptoms
発症の部位により、症状は異なるが、感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍等の合併症を併発しやすい点は共通である。
感染症・・・気管支炎、中耳炎、鼻炎、副鼻腔炎、肺炎等にかかりやすくなる
治療
Treatment
抗体や酵素で欠落しているものを、細胞補給する。ガンマグロブリンの補給や胸腺移植、骨髄移植等を実施する。合併症の治療も行う。

ページのトップへ ▲

続発性免疫不全症候群

続発性免疫不全症候群は、抗体の作用が低下して、免疫反応がうまく機能しなくなる免疫不全症候群のひとつで、後天的な疾患等が原因となるものである。

原因
Cause
悪性腫瘍や白血病、再生不良性貧血、膠原病、ウイルス感染等が原因となる。抗がん剤や副腎皮質ホルモン剤、放射線照射等が、免疫不全を起こす場合もある。高齢者、子供の発症が多い。
症状
Symptoms
原因となる疾患の症状が出る。
治療
Treatment
免疫不全には、欠落している抗体や酵素の補給を行い、原因疾患の治療も行う。

リウマチニュース

ページのトップへ ▲

縺ァ縺吶′縲∽サ翫↑繧峨ヮ繧「繝ウ繝繧貞ョ壽悄繧ウ繝シ繧ケ縺ァ雉シ蜈・縺吶k縺ィ縲∝ーら畑繝斐シ繝ェ繝ウ繧ー繧ク繧ァ繝ォ縺ョ繧ッ繝ェ繧「繝斐シ繝ォ繝「繧、繧ケ繝医′繧ゅi縺医∪縺吶

  • 雜ウ縺ョ繝九が繧、
  • 繝ッ繧ュ繧ャ縺ッ闖後ョ郢∵ョ悶′謨オ縺ァ縺吶ョ縺ァ縲∝柑譫懊r逋コ謠ョ縺輔○繧九◆繧√↓繧ゅ√Ρ繧ュ縺ョ縺頑焔蜈・繧後↓縺、縺縺ヲ繧ら衍縺」縺ヲ縺翫″縺セ縺励g縺縲

    Copyright(c)2007 医学用語辞典〜膠原病・リウマチ用語辞典〜 All Rights Reserved.
    [閉じる]
    ようこそ!医学用語辞典へ!!
    当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
    【購読無料】
    食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
    メールアドレス
    (無料)
    メッセージを閉じる